インフォメーション 未来塾からのお知らせ

  • 2017.09.20

    『地方出身で難関校に合格することの意義』

    東大が劣化しているとの議論がかまびすしい。
    東京大学が世界大学ランキングで
    過去最低の46位となったことがニュースになりました。



    ではその大学ランキングはどのようにして
    付けられているのでしょうか?

    ●順位はどのようにつけているのか
    体系化された評価基準が存在します。
    5つのポイントから点数がつけられます。
    5つは、Teaching(指導)、Research(研究)、
    Citations(引用)、International outlook(国際的観点)、
    Industry income(産業界からの収入)で、
    順に30%、30%、30%、7.5%、2.5%
    という傾斜で配点され、100点満点でスコアが出ます。

    ●この「世界大学ランキング」は妥当か
    客観的な数字からはじき出しているので
    妥当性は高いと思います。
    実際にPwC(プライスウォーターハウスクーパース)
    という監査法人を入れて数字の公平性をチェックしています。

    ●東大下落の理由は、東大が落ちているというよりは、
    他が上がっているという印象です。
    アジアで言えばシンガポールや中国の躍進は
    目を見張るものがあります。



    ●「世界大学ランキング」は受験生に対するPRになりえるのか
    現実に影響を与えています。
    例えばアジア圏の大学を志望している
    優秀な高校生はまず一番ランキングが高い
    シンガポール国立大学を選ぶでしょう。
    東大に行こうとは思わないですよね。
    実際に海外からの受験生で東大に合格した
    50人程度の高校生のうち、
    実際に入学したのは数名だったそうなんです。

    なぜかと言えば、彼らは東大にも受かっているけど、
    シンガポール国立大学(アジア1位)、
    北京大学(アジア2位)などにも受かっている。
    だからシンガポールや中国に行くんです。

    ★実際のところ東大は劣化しているのか。
    東大生は実際、バカになったのか。
    日々東大生と向き合っている教授たちは、
    彼らのことをどう見ているのだろうか。


    「たしかにかつての東大には、"天才"と呼べるような学生が
    全国から集まっていましたが、
    今は昔と比べてレベルが落ちたように感じます。
    やはり、塾や中高一貫校などの受験システムが確立されて、
    そのお蔭で合格できる学生が増えたことが
    影響しているのでしょう。
    それは、こうしたシステムが整っている首都圏に合格者が
    圧倒的に多いことからも明らかです」
     そう話すのは、東大工学部名誉教授・松島克守氏だ。
    「もちろん、50年ほど変わらず毎年約3000人の学生が
    全国から選ばれているわけですから、
    他大学に比べれば皆優秀で、ピンキリの、
    ピンの学生の優秀さは今も変わりません。
    IQは高くて知的腕力もあり、まるで日本刀のような
    切れ味をもつ学生が50人に1人は必ずいます。
    こうした学生は、何をやらせても圧倒的にスピードが早い。
    たとえば修士論文にしても、
    集中力と頭の回転がケタ外れですから、
    普通の人の半分の時間、数ヵ月で
    あっという間に仕上げてしまう。
    それ以外には、切れ味でたとえると
    よく切れるが折れやすいカミソリ、
    鋭さはないが朴訥で堅実な木刀などの層がいるわけですが、
    おしなべて大人しく周りに合わせていく小粒な学生が増え、
    昔の東大生にいたような、優秀でさらに野心もある、
    迫力のあるタイプが減ったように感じます」
    「みんな大人しくて質問もしないし、
    意見も言わないし、学生同士で議論もしない。
    研究とは独立して知の闘いの世界で生き抜いていくこと。
    これでこの先、生きていけるのか心配してしまいます」

    東大の著名な先生方は塾や中高一貫校などの
    受験システムが確立されて、
    そのお蔭で合格できる学生が増えたことが
    大きな原因だと考えているケースが多いようですね。

    他方、地方では教育インフラがほぼほぼ全くと言っていいくらい
    整備されていないと言っても過言ではない。

    これだけICT教育が叫ばれている現代においても
    その傾向に大きな変化は見られません。
    本来ならば地方の教育格差はITによって
    改善されて行ってもおかしくはない...
    そのような考え方にも一定の妥当性はあるはずですが
    現実にはそうなっていません。

    なぜでしょうか?

    次回のブログではこの原因について
    考えてみたいと思います。blush
  • 2017.09.19

    赤本は受験勉強の最強パートナー

    毎年5月を超えるころから教学社という出版社を導入している『大学入試シリーズ』が店頭にならびはじめる姿を目にしたことがあるでしょう。
    全国ほぼすべての大学・学部の過去問が収められている赤本だが、『これを使うのは、まだまだずっと先だな』と思っている人が多いと思います。しかしここに大きな落とし穴があるのです。
    『今は学校の勉強をしっかりやって成績を上げ、入試直前になってから、赤本で力試しをする』。そんな風に考えている人も多いと思います。
    そうこうするうちに本番一か月前になり、赤本を手に取って青ざめる...。そんな学生さんが後を絶ちません。
    例えば、東京大学の過去問を例に挙げてみましょう。
    東大の日本史の過去問を見てみると...。
    なんと短答式の問題もマーク式の問題も一問もない!
    見渡す限り、論述問題ばかり...
    という事に気付き、愕然とするということが起こりうるのです。
    しかし残り一か月でやれることはほとんど残されていない。。。
    このようなことは学校の試験はもちろん、通常の受験問題集や模擬試験にはまず出てきません。しかしこの傾向を踏まえて対策を練るとそれほど厳しい問題ではありません。最悪全滅もありうる。
    そうなる前にやっておくべきは『まず赤本を買ってくる』ということです。
    今すぐ志望校の過去問を買ってくる。赤本を読まずに受験勉強をするということはゴールを定めずに走り出すのと同じだからです。
    まずは最初にゴールを決めなければなりません。そして現状の自分自身との距離を考え、対策を練っていかなければなりません。
    ハース未来塾では『ゴールから考える逆算方式』の勉強法を実践しています。
    ぜひ体験授業&カウンセリングを受けに来て下さい。
  • 2017.09.08

    未来塾の新しいチラシができました。

    7月中旬に、ハース未来塾は東大卒の森上塾長を迎えました。

    新体制の下、どうすれば未来を担う子供たちが、自分なりの夢を実現できるのか。また、最初からできないと思い込みであきらめてしまわないように、強い心と学力をつけてあげられるのか。

    塾長、スタッフ一同「本気で子供たちと向き合っています。」

    体験授業およびカウンセリングは、随時ご予約制で承っております。

    ご興味のある方は、下記までご連絡ください。

    093-243-3119

  • 2017.09.07

    子供たちを見ていて痛切に感じること。

    それは「基礎学力を身に付けることの重要性です。」

    国語でいえば語彙力、漢字力、算数でいえば計算力といったところでしょうか。比較的多くの生徒さんが基礎学力を軽視しているように見えるのは大きな問題だと感じています。

    例えば、計算力。計算力は将来の大学入試において、理数系科目の得点の原動力になるものです。小学校で学ぶ計算をいかに速く正確に行えるかがカギを握ります。大学入試における計算は複雑になっているとはいえ、元をたどれば小学校で習う四則演算の発展形です。小学校のうちに全ての土台の基礎となる計算力を小学校の時点で身に付けておくことは必要不可欠なのです。
    計算力を身に付けておけば、ひとつの解法を試してだめだった時に、すぐに別の解法を試すことができます。計算力が苦手な生徒さんは、試行錯誤を面倒に感じて、他の解法にチャレンジすることができません。当然そこで思考が途切れてしまいます、計算力は単に計算力であるだけにとどまらず、思考力の源泉でもあるのです。

    しかし心配する必要はありません。計算力は特に小学校時代の生徒にとって、正しい方法論に従う事によって、確実に身に付けることができるものなのです。

    森上
  • 2017.07.25

    塾長就任!!!

    この度、ハース未来塾の塾長に就任致しました、
    森上 晋平(もりがみ しんぺい)でございます。

    高校卒業まで、自宅でゲームとマンガ漬けの毎日を送り、なんと偏差値35、学年最下位まで落ちこぼれてしまいました。

    そんな私が東京大学に合格する事が出来た秘訣とは何か!!!

    その答えの扉が『ハース未来塾』にはあります。
    お気軽にお問合せ下さい!!!